不眠症対策と解消ルームTOP > 不眠対策と解消法について > 不眠症の治療法とは?〜睡眠薬など

不眠症の治療について

 
不眠症の治療法には、睡眠薬を飲むというイメージがあります。

もちろん睡眠薬は不眠治療の有力な対策法ですが、もちろんそれだけではありません。まずは睡眠薬を見ていきましょう。

不眠症治療の最前線である睡眠薬は、現在では睡眠導入剤と呼ばれています。昔はバルビタール系の睡眠薬が使われていました。これは飲んでいるうちに耐性がついてきて、ついつい量が多くなって飲みすぎたりすることがありました。睡眠中枢や覚醒中枢に作用し、呼吸機能も抑制する働きがあるので、大量に飲むと危険だったのです。作家が睡眠薬を使って自殺するという事件もありました。

ところが現在の不眠症治療で使われる睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤。これは感情を司る大脳辺縁系に働きかけて、生命維持装置である脳幹には作用しません。そのため安全な薬であるといえます。興奮すると大脳辺縁系が活発になりますが、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を飲むと、興奮をしずめて緊張や不安を和らげる働きがあります。薬を急にやめたあとの禁断症状も、バルビツール系ほどではありません。また少々多く飲んでも、命に別状はないので安心です。ある意味、アルコールよりも安全といっていいくらいです。

ただしいくら安全な睡眠薬といっても、飲みすぎは危険です。
一人の医師だけではなく、複数の医者にかかるドクターショッピングをして、たくさん睡眠薬を飲んでいる人もいます。また慢性的に服用していると、そのうちやめられなくなってしまい、薬物依存性睡眠障害になってしまいます。かといって急に中止すると、禁断症状が起こり、ひどい不眠が現れることもあります。要は、眠れない一時期に限って使用するぶんには、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は安全ということです。

 


不眠症の治療で使う睡眠薬は、主に4種類あります。
超短時間作用型、短時間作用型、中間時間作用型、長時間作用型です。超短時間型や短時間型はその名の通り、短い時間だけ作用するもので、寝つきにくい場合に処方されます。入眠困難のときですね。目覚めはよいのですが、物忘れなどの副作用があります。急に服用をやめると、不眠がひどくなることがあります。

同じ要領で長時間作用型は、早朝覚醒や中途覚醒などの睡眠持続困難のさいに使用します。持ち越し効果により、日中に心身に影響がでる可能性があります。

いずれの不眠症治療の薬も、医師の指示に従って服用しましょう。
基本的には、アルコールと同時に飲むのは禁止されています。就寝の30分くらい前に服用するといいといわれています。

不眠症の治療薬は医師の処方箋がないと購入できませんが、処方箋がなくても購入できる睡眠導入剤もあります。ドリエルという製品です。これは風邪薬にも入っている抗ヒスタミン剤であり、処方される睡眠薬ほど強い作用はありません。また使っていると耐性がついてくるので、だんだんと効かなくなって来ます。そのため1週間が限度といえるでしょう。

 


不眠症の治療は、睡眠薬だけではありません。
たとえば気にしすぎの精神生理性不眠の場合は、カウンセリングや認知行動療法が主体となります。これは患者さんの意識を変える作業です。もちろん睡眠導入剤を処方することもあります。うつ病が不眠の原因の場合は、抗うつ薬を処方します。精神生理性不眠は、根本に神経症がある場合もあり、時間を要するケースもあります。なかにはウォーキングを取り入れることで、劇的に不眠が解消する患者さんもいます。日中の疲労が少ないことも、不眠の原因のひとつなのです。

以上、医学的な不眠症の治療法を解説してきましたが、もちろん民間療法も効果があります。民間療法といっても、それは日本のことで、たとえば外国では立派な医療であることもあります。たとえばハーブ療法などですね。アロマテラピーは香りをかぐことで心身を健康にする療法。フランスでは立派な医療なのです。またツボを押す方法も日本では民間治療ですが、中国では立派な医療となっています。当サイトでは、いろいろな不眠解消法、安眠方法をご紹介しているので、参考にしてください。もちろん下記のマニュアルもオススメです。
不眠症対策の方法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら