不眠症対策と解消ルームTOP > 不眠対策と解消法について > 不眠症のツボってどこ?〜耳や手にある

不眠症のツボは安眠に効く

 
不眠症のツボというのは、存在するのでしょうか?

これは結論から言うと、存在します。
私もどうしても眠れないとき、手の甲のツボである合谷(ごうこく)を押したら、眠気が襲ってきました。ただ合谷のツボは、慣れるまでは位置がつかみづらいかもしれません。簡単に言うと手の甲の人差し指と親指の骨が接する谷間にあります。だから「合谷」というわけですね。

不眠症のツボ、合谷の位置は、厳密に言うと谷間よりも、やや人差し指寄りにあります。ここに骨が少しくぼんだ箇所があるはずです。ツボの位置がとりづらいときは、骨がくぼんでいる箇所を目安にすると、けっこううまくいきます。くぼんだ箇所をみつけたら、そこに親指をもぐりこませるように、かなり強い力で指圧します。強い力がない人は、割り箸とかボールペンの後ろ側でグリグリしてもいいと思います。

不眠症のツボの筆頭である合谷は、痛み止めのツボでもあります。中国では鍼麻酔として合谷に針を打って、微弱な電流を通し麻酔代わりとしているほど。これは体中どこであっても、痛みを抑える効果があります。たとえば歯痛であっても効くのです。そのほか腹痛、頭痛ですね。このように全身の痛みをとるということは、脳内の痛みを感じる経路を遮断するからです。脳内に麻薬様物質を分泌させ、リラックスさせる効果があるのです。そのため不眠症に効くというわけです。

不眠症のツボは耳の後ろ辺りにもあります。ここは「安眠」のツボ。耳の後ろには乳様突起という飛び出た骨がありますが、そこの下あたりです。このあたりを人差し指でまさぐってみましょう。

そのほか不眠症解消のツボとしては、足の裏があります。
湧泉(ゆうせん)という脚の上3分の1あたりにある、土踏まずのくぼんだ箇所です。ここも骨のくぼみにあります。ここは両手の親指で交互に押し込んでもいいですし、すりこ木のようなものやボールペンの後ろで刺激してもいいでしょう。あるいは青竹踏みの要領で、体重を利用してもよいのです。

不眠症のツボは、そこを押すことによって自律神経が刺激されます。
これが間脳の視床下部に伝わり、自律神経の該当箇所の不具合を調整しようという作用が起きるのです。もちろん足の裏のツボの刺激は、滞った静脈の還流を促進したり、リンパの流れをよくする効果もあるでしょう。

そのほか足の親指は、脳下垂体を刺激してホルモン分泌を調整する働きがあるといわれています。これには成長ホルモンや副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)といった睡眠に関わるホルモンに影響を与えます。足の親指の付け根は、頚椎を調整して首のコリをとる効果があります。そのため親指で地面を蹴るようにして歩くウォーキングは、安眠の方法としてとても効果的だといえるでしょう。
不眠症対策の方法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら